削る量は最小限に・・・虫歯治療

目次

M.I(エム・アイ)治療って?

M.I(ミニマム・インターベンション)とは、最小の侵襲で最大の効果を得ようという考え方で、 虫歯治療でいうなら、削る量は最小限で、しっかりした治療をしようというものです。

削られる側(患者様)からすれば、"そんなの当たり前じゃない"と思われるとおもいますが、 ここまでくるのに100年以上もかかっているのです。 その背景には接着技術の進歩、つめる材料の進歩があってこそなのです。


今削るべきか、削らないべきか?

削るか、削らないか・・・それには総合的な判断が必要です。

  • 視診(目で見る)
  • レントゲン(デジタルレントゲンによりエックス線の量を最小限に)
  • レーザー(ダイアグノデントという器機)による探知(下写真)
  • 生活習慣、食習慣などの問診や、お口の中全体から虫歯リスクを判断

虫歯はあるけど、今は削らない・・・と判断した場合

虫歯はあるのだけど、小さいので経過観察と判断した場合は、再石灰化(一度溶け出した歯のミネラルが、 再度歯に取り込まれて硬くなる)を期待してフッ素塗布等の予防処置を行います。

残念ながら削って治療しましょう・・・となってしまった場合

なぜ虫歯ができたかを考えて、もうこれ以上虫歯製造は中止!! そのために、アドバイスさせていただきます。
MIの考え方にもとづいて、歯を削る量が少ない、白いプラスチックをつめることが多くなりました。最近は金属を入れることは少なくなってきています。



手軽に自分でできる虫歯予防!!

1)フッ素入りジェルやフッ素入り洗口剤

小児歯科→フッ素のいろいろを参照して下さい

2)MIペースト

リカルデントガムの中に入っている再石灰化成分だけを集めた、 MIペーストという虫歯予防ペーストもあります。自宅で手軽に使え、 しかも味がとても美味しいのでお子様にも大好評です!
味は5種類
 ミント、イチゴ、バニラ、ヨーグルト、メロン(スタッフお勧めはヨーグルト。おいしくてペロペロなめてしまいます)

MIペースト

3)虫歯予防ガム

キシリトールガム

キシリトールが100パーセントに近いものを選んでください。 中にはキシリトールガムと書いてあるのにキシリトールが半分くらいでお砂糖が入っているものもあるのです (キシリトールは普通のお砂糖と比べると倍の値段なので)。 裏の表示をしっかり見てかしこいお買い物をしてくださいね。
 キシリトールガムの最も効果的な使い方は、食後に5分以上噛むこと。 キシリトールそのものの効果+唾液をたくさん出して、食後酸性になったお口の中を早く中性にもどしてあげましょう。


リカルデントガム

リカルデントガムは歯の再石灰化をうながしてくれる成分が入っているガムです。
牛乳から取り出された成分を使っています。子供用(リカルデントキッズ)もあります。

リカルデントガム リカルデントキッズ
ポスカム

リカルデントと同じく歯の再石灰化をうながしてくれる成分が入っています。


できるだけ削らない虫歯治療。これを実践しそのメリットを長期的にいかすためには、やはり定期クリーニング、 定期チェックが欠かせません。早期発見、早期管理がキーワードです。

削る量は最小限に虫歯治療のトップへ↑↑


歯科衛生士求人
歯科通信
ホワイトニングカレンダー
2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             
はお休みです。
は午後お休みです。
歯科通信

ホームページ制作